労働安全衛生宣言

労働安全衛生宣言

JVCケンウッド・エンジニアリングは、従業員の安全と健康を確保し活力をもって仕事ができる、快適な職場環境の形成に向け、不断の努力を重ねて参ります。

2019年10月1日
株式会社 JVCケンウッド・エンジニアリング
【代表取締役社長】 阿部 重徳



安全で健康に働ける職場づくりのために


労働災害等の防止には、具体的な取組に先立ち、労働者の安全や健康を守るという「経営トップの強い意識」が極めて重要です。ここに「労働安全衛生宣言」を表明・周知して従業員一人ひとりが、「安全衛生方針」に沿った行動を実践し、労働災害等の防止に努めます。



労働安全衛生方針


1.労働安全衛生法の関係法令を遵守します。
2.安全・健康・快適に働ける職場環境を維持・向上させるため、必要な資源を投資します。
3.労働安全衛生リスクアセスメントを実施し、危険・有害要因を排除・提言します。
4.労働安全衛生に関する教育・推進体制を確立し、全従業員の資質向上を図ります。


労働安全衛生推進体制


労働安全衛生推進体制


健康経営宣言についてはこちら

ページトップへ戻る